「この日本から できることをひとつずつ」

 私たちと同じ環境に生きている植物には、この環境で生き抜くための大切な恵みが蓄えられています

 

日本に生まれた私は、日本の植物の恵みに触れた時に、思い出しました。

  この日本という環境に育まれている事を。

 そして、わたしたちひとりひとりには、日本の素晴らしい息吹が芽吹いており、環境が変化している今でも、それはまだ生き続けているという事を知りました。

 「この日本の息吹のために、私が出来ることをひとつずつ。」

 そのような想いから、

日本の植物から受け取った尊い恵みを、ひとつひとつ繭から糸をとるように紡ぎ、花紡茶-hanatsumugicha-を創っております。

植物が織りなす恵みをお届けします。   

香紡師 海老澤直子