· 

土の香りのお茶 香土STORY2 苔編

ずっと土の香りのお茶を作りたいと思っていました。

素朴な野草を集めたお茶だろうか・・・

 

だけど、大地は、生命を育むところ

もっと深く情熱的な何か・・・

 

そう。

土に香りがあったなら、

それはとても艶やかであでやかで華やかなもの。

そのカラーの中で、躍動が生まれ、命が着地する。

--------------------------------------- 香土STORY1 誘引編より

 

そのカラーを構成するハーブ「苔」

絶対に外せない素材でした。

 

小さいころから「苔」が大好きでした。

苔には、地球の縮図があるようで・・・ミニチュアを見る時のようなワクワク感。

なぜ・・・というほどの柔らかさと、深い深い青・・・

不思議で不思議でしようがなく・・・

 

無言で地面見つめながら、ものすごく興奮していました・・・グレー色のこども時代(笑)

 

だから苔を入れたお茶はいつか作ろうと思っていました。

飲食用の苔を仕入れ、いつの日かブレンドしようとワクワクしていました。

 

そんな時、友人が、苔の精油を教えてくれました。

驚くほどに上品で、深いグリーンの素晴らしい香り・・・

苔って!苔って!!!興奮したのでインスピレーションが湧きすぎ、苦しくなりました(笑)

こうなると産むしかない・・・

 

あぁ早く「土のお茶」を作らなくてはと思いつつも、陣痛を抱えたまま、産めずにおりました。

 

そんな時に、出会えたのがベチバーでした。

 

STORY3 ベチバー編に続く。