· 

新作「菫SUMIRE」のSTORY

新作のお茶を作りました。

 

朝4時に生まれてきた詩と共にご紹介いたします。

 

 

形のない大切なものを辿るように

淡く泡沫の煌めきを掬うように

そうして生まれる一筋の呼吸から

育まれていく命の恩恵

 

 

 

わたしは、感性というものをとても大切にしています

 

その

人間の持つ感性を引き出し、

鋭く磨き上げていく作業は

人生においてとても意味のある事だと思います

 

その作業のサポートを植物が担っているという事を、植物から教わり

それ以来、この仕事に携わらせて頂いています

 

新作のタイトル「菫すみれ」

このお茶は、感性を辿るお茶

淡く泡沫のような香りと味わいの中に、確実にある煌めき

それを辿るという作業

その作業が感性を磨いていきます

 

この作業

お茶を人に置き換えると

愛を育む作業と同じだと私は想います

 

人を愛する時もまた

瑞々しい感性が生まれてくるのでしょう

 

その感性は、あなたを最も美しいものに育んでいくのでしょう

 

この冒頭の詩は

愛の詩でもあります

 

大地から植物の愛

植物から人間への愛

人から人への愛

人から大地への愛

 

はじまりに…宇宙から大地への愛があります

 

どうぞそれをお受け取りください

そしてあなたの感性で愛でて育んでください

 

それを望む植物の傍で私は今日も花を紡ぎます。