緋(AKE) -ワイングラスで飲むフレーバーティー(ハーブで香りづけした紅茶)

-緋色のかほり-

「緋 AKE」は、太陽の昇る色ともいわれ、日本茜によって染められた黄赤色を示す言葉です。

 

ワイングラスで飲むと、味と香りが一層引き立ちます。

 

◆テイスト

熟すのに3年かかるというジュニパーベリーを使い、オリーブリーフで後味を爽やかに仕上げました。トップは、日本の薔薇と言われる浜茄子が優雅に香ります。

 *ジュニパーベリーは、ジントニックの香りづけに使われているハーブです。和名:西洋ネズ

 

◆ブレンド内容

屋久島アールグレイ、ローズ蕾*、玫瑰花*、ローズダマスク*、ジャーマンカモミール、オリーブリーフ、ジュニパーベリー*、はまなす、ラベンダー

*こちらのブレンドは、日本産以外のものも使用しております。

 

◆飲用杯数

1杯約250mlとしてTeabag1個で、約3杯お飲みいただけます。

 

*この商品は軽減税率(8%)の対象です

¥1,200

  • 残りわずか
  • お届け日数:1~3日

緋Ake の美味しいご提案

 

◆おすすめの淹れ方

1.お茶1回分をティーポットに入れる。

2.ジュニパーベリーを潰す。

3.約250㎖の熱湯を注ぎ蒸らします。

4. ポットのお湯をカップに全て注ぎ切る。

◆おすすめの抽出時間

1杯目:3分

2杯目:3-5分

3杯目:10分

*ジュニパーベリーは、スプーンなどで簡単に潰れます。

 


Milk Tea  本格派ミルクティーの作り方

 

緋Akeは、ミルクティーにも◎

ハーブのアロマがほのかに香り、華やかなミルクティーに。

 

ロイヤルミルクティーの作り方は様々にありますが、緋Akeを引き立てる本格ミルクティーの作り方をご紹介いたします。 

ひと手間かけて極上の緋ミルクティーをお楽しみください。

 

 ◆緋Ake ミルクティーの作り方

1.  お茶一回分の中から、バラの花びらを4-5枚取り出しておきます。
2.  鍋にくみたての水道水100mlを入れて火をかけ沸騰したら火を止めます。

3.  2回分の茶葉を入れ全体を熱湯に浸るようにかき混ぜ、火を止めた状態で3分抽出します。ジュニパーベリーは潰して入れます。

      *ここで茶葉をしっかり開かせます。これが美味しさの秘訣になります。

4.  牛乳100mlを加え、弱火でかき混ぜ、小さな気泡が出来始めたら沸騰直前に火を止めます。
      *牛乳は沸騰させると臭みが出てしまうので、ご注意ください。
      *お砂糖を入れる場合は、ここで入れてください。

5.  火を止めた鍋で、蓋をして5分ほど蒸らします。
6.  茶こしで濾しながらカップに注ぎ、1 で取り分けておいたバラの花びらをミルクティーの上に散らして完成です。


ブラックペッパー を加えて SPICE TEA に

 

2-3杯目以降におススメの飲み方です。

 

1.ブラックペッパー(ホール状のものがおススメ)を少量、

 茶葉と一緒にティーポットに入れる

2.250mlの熱湯を注ぎ抽出する。

  

スパイシーなテイストが、ハーブの繊細な味香りを引き立てます。


 ワイングラスのご提案

緋は、香りをきわだたせてくれるワイングラスでお飲みいただくのもおすすめです。

バラの花びらを散らしていただくとより豊かな香りをお楽しみいただます。

 

ご注意:ワイングラスは、温度差で割れる事がございます。

あらかじめグラスをぬるま湯にいれて温めておくと割れにくくなります。

特に冬場はご注意ください。

★緋Ake STORY 

緋は、日本産の薔薇と言われる浜茄子(はまなす)と、屋久島産のアールグレイの美しいマリアージュをお届けするフレーバーティー。 

日本産オリーブのドライな風味と、西洋ねずの実と言われるジュニパーベリーでアクセントを利かし、カモミールやラベンダーで風味を整えました。

 強めのアクセントを利かせたハーブを基調とするフレーバーティー。

 

🌿どんなお茶?

リラックス効果の高いお茶です。

食べ過ぎ時の消化を促してくれると言われているハーブを使用しております。

食後のリラックスタイムを豊かに彩ります。